2019 最安値価格!!一流店”を実感!本物保証・不良補償・紛失補償で安心お取引。

【化石】マンモスの牙 化石9.5~10ミリ前後≪マンモス・アイボリー≫天然アイボリー鑑別書付き。シベリアより上陸

【化石】マンモスの牙 化石9.5~10ミリ前後≪マンモス・アイボリー≫天然アイボリー鑑別書付き。シベリアより上陸

b887c27aca6dc10d

税込35,700 税込24,990
割引: 30%OFF
個数 


この商品の特徴

マンモスの牙 化石
鑑別書付

かつて地球に生息していた大型哺乳類≪マンモス≫
史上最大級の体格を誇ったマンモスの牙の化石になります。

 マンモスという名前はシベリア地方の「地中の獣」を表す 
「マンムート」に由来してなずけられました。

 もともとは「土竜(もぐら)」を意味する言葉でしたが、出土したマンモスの化石を見た当時の人々が、地中に暮らす巨大な怪物を想像したといいます。

鑑別書付
1799年にシベリアの永久凍土で氷漬けのマンモスが見つかったことを皮切りに冷凍されたマンモスが次々に発見されるようになりました。

非常に大きく長い牙は、種によって5.2メートル。
200キロ近くあり、根元の太さは70センチも
あったといいます。

 冷凍状態のマンモスには体毛や肉だけでなく内臓や血液までも残されており、これらの発見により急激に研究は進み、採取した細胞の核が「死んでいなかった」ことを近畿大学などのチームが世界で初めて確認しました。

現在シベリア永久凍土の中や、生息していた周辺から化石が採掘されていますが、生きたマンモスを見る日はそう遠くないのかもしれません。

 氷河期が終わりを迎えようとした時代、約一万年前のはるか昔、絶滅したマンモス
 今では象牙に変わり、中国へと取引され、税関の厳しいチェックを受けて日本に来ました。


・マンモス牙の化石9.5~10ミリ前後(誤差あり)
・内径約16弱センチ


※天然石にはインクルージョン(内包物)、クラック、多少の欠けなど入るものもあります。ご了承ください。
パワーには影響ございません。
※天然石のため色、模様、形状等が多少異なる場合がございます。
※ご利用の画面や環境等により実物の色と多少違ってみえることがあります。